上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
amazonで頼んだら届いた。いい時代である。

うちのメイドは不定形うちのメイドは不定形
(2010/06/10)
静川 龍宗

商品詳細を見る


あらすじ。
寄生獣だこれ!

・我々に個というものは無い
・分裂しすぎると自我が薄れ制御出来なくなる
・自らの身体の一部を硬質化して鋭利なブレードを作れる
・相手の打撃をまともに受けるのは かなり危険だ だからこうして斜めの角度ではじく
・致命的な一撃を受けて瀕死になった主人公の血肉となる
・ミギー……君なのか……?
・いつの間にか主人公が超人化している
 「やったのか!! 新一!!」

かんそう。
ショゴス萌えである。奉仕種族なのでメイド、所謂一つの思い切りの良さ。安易とも言う。
5年前、私がショゴスメイドの4コマ漫画を部誌の巻末に寄稿したくらいには安直。
「いいよねショゴス」
「いい……」
俺によし。
私は旧支配者より独立種族の方が人間らしくて好きなのだ。
何故なら自身の全集の中で、
「コズミックホラーは人間には到底理解できねー!できねーんだよクソども!」
とラヴやんが鼻息荒く明言した以上、
巷にあふれるクトゥルフ神話擬人化は御大原理主義者として認められない。
定義上、旧支配者は人の心を持ち得ない。ナイ神父は別だけど。
どうしてもと言うなら独立種族。もしくはそれに連なる奉仕種族。そして信奉者。

「何であれ、『彼ら』は人間だったのだ。」
(ボロ雑巾の様になった『彼ら』を思い出しながら)

何であれ、エルダーシングが一番可愛いよね。
だのに作中でエルダーシング批判があまりに酷いので本を閉じそうになった。
「狂気山脈にて」のエルダーシングのあの可愛さを分からないとは!あまつさえ貶すとは!
これはきっとダゴン秘密教団の汚い陰謀だ!私にはわかる!証拠は無いが絶対だ!
スポンサーサイト
2010.06.14 Mon l クトゥルフ l COM(2) TB(0) l top ▲
・クイ研の合宿中に暇つぶしにコンビニで買ったこの本
 なかなかいいですわよ奥様!
 
恐怖と狂気のクトゥルフ神話恐怖と狂気のクトゥルフ神話
(2009/07)
クトゥルフ神話研究会

商品詳細を見る


 あのクラーカシュトンの生写真が!
 ダーレスの往年の姿が!
 コリン・ウィルスンの陰湿な笑顔が!
 いずれも高画質で掲載されていてそれはもう、たまらんち!網走番外地!!

・旧支配者とか全然可愛くないし。だってアレでかいじゃん。
 いやもうガタノゾーアとかアレよ?ウルトラの域よ?光の巨人と戦うんですぜ?

 「ガタノゾーア、体高/130m、全長/200m、体重/20万t、出現地/太平洋上。」
 
ウルトラ怪獣シリーズ34 ガタノゾーアウルトラ怪獣シリーズ34 ガタノゾーア
(2007/12/28)
バンダイ

商品詳細を見る


 現代社会はまだ巨大娘を理解できるほど発達してないし!そもそも娘に見えないし!
 やっぱり独立種族の方が断然イカしますぜ!ナウなヤングにバカウケ!

 エルダー
 「エルダーシング」
 退化のプロ。敗北のプロ。衰退のプロ。キング・オブ・負け犬。

 ショゴス
 「ショゴス」
 奉仕種族。エルダーシングとか滅ぼす。R・U・Rとかそんな感じ。

2009.08.28 Fri l クトゥルフ l COM(0) TB(0) l top ▲
この世には「コペルニクス的転回」という言葉がありまして、
言い換えると井の中の蛙大海を知るみたいなものなのです。
その結果新しい自分を発見するのです。してしまうのです。
グレゴール氏のように。
例)スコットランド人男性はぱんつはいてないのだ。ヘウレーカ!

高校生の時僕はそれはもう立派なラブクラフト原理主義者で、
消してかるーい小説にリライトしていた赤くも平たくもない方のマツケンや
俺クトゥルフをバンバン量産していたダーレスを日々DISっていたものでした。
「ダーレス、それクトゥルフやない、スペオペや!」って。

そんなある日友人が次のように述べました。
「君の言いたいことは分かったよ。確かにダーレスはアレだ。心が痛む。
 でもまあ、こう考えたらいいのではなかろうか。ダーレスはおにゃのこ。」
ではつまりダーレスが押しかけ女房とな!?空から降って来る系の。
で、御大の小説を劇的改造ビフォーアフターし始めると。
ああ、匠ってそういう意味な……。
ハハハ、何をそんなよくある萌改変を。そんな見え透いた手に、
……いや、アリかもしれん。
………アリです!アリアリ!ヘウレーカ!アリーウェ・デルチ!

これを「エクストリーム・自分探し」という。

やがて月日は経ち以下の画像を見るにあたって、
僕は普遍的無意識の存在を受け入れなければなりませんでした。



御大   だーれす

もしこれがロバート・ブロックだったらと思うとぞっとする。
彼らお互いの作品の中で殺しあうもの。親愛の証として。これだから欧米は。
きっと血の雨が降りましょう。

「クラーカシュトンは?」
「電波系です。」
「コリン・ウィルスンは?」
「博覧強記の重度の変態。」
「朝松は?」
「お察しください。」
2008.10.30 Thu l クトゥルフ l COM(0) TB(0) l top ▲
そうすけ、好きー

説明はできないのだけれども
見ていて不安になるので
クトゥルフはクトゥルフ板へ
2008.10.23 Thu l クトゥルフ l COM(0) TB(0) l top ▲
 いえぁ!初めての方は初めまして、そうでない方はまた会えたねクラリス。前回は気狂い科学者について書き散らさせて頂きましたが、今回は、うじゃうじゃと触手蠢く邪神の皆さん御一行が、うっかりさんに致命的なサプライズパーティーを仕掛けるお話、「クトゥルフ神話」に焦点を当ててみようかと思います。いあいあ。

 クトゥルフ神話を端的に表現するならば「好奇心は猫をも殺す」という事でしょうか。えー、このクトゥルフ神話、実に8割近い確率で主人公が死にます(無残極まりない最期です)。もしくは精神病院行き。この時点で読者は伊達か酔狂か暇人に限られてくるかと思われます。狭き門ですね。
 クトゥルフ神話にはある程度のフォーマットみたいな物があって、基本的な流れとしては主人公が好奇心でうっかり「タブー」を調べてしまい、あんまり友人にはしたくないような方々にあんな事やそんな事をされてしまうのです。脳味噌吸われたりとか。「触らぬ邪神に祟りなし」といった感じでしょう。
 また、登場人物は基本無力です。何故なら「フン、人類など我々宇宙全体の中では一番の小物よ」というのがクトゥルフ神話の基本姿勢だからです。そこでは人類の価値観は全く意味を成しません。かの虚弱王「スペランカー」はかろうじて照明弾持ってましたが、こいつらは素手です。ステゴロです。当然喧嘩師でもない彼らは最終的には必ず死に至ります。これは無防備宣言をした為の悲劇といった所でしょうか。(違う)

 こんな一見するとファン人口ではスポーツチャンバラとタメ張れそうなクトゥルフ神話ですが、世界は広いものでラブクラフティアンという人達がいるのです。熱心な「ラブクラフト」のファンだから「ラブクラフティアン」。因みに筆者もその一人です。
 シャーロキアンのパクリじゃねーかと思った人、正解です。それで、始祖的な人物としてオーガスト・ダーレスというシャーロキアンがいます。世界は広いようで何だか狭いですね。
彼はラブクラフトの未公開黒歴史ノートを「素晴らしい才能です!出版しておきました!」といって世に広めた偉人です。もう私アメリカに足向けて寝られません。
 後は何してたとのか言えば二次創作。出版社立ち上げて同人活動です。故ラブクラフトのこれまた非公開の私的な自由帳を入手したダーレスは、それを基に死んだはずのラブクラフトと共同執筆という形式で「至高のクトゥルフ神話を作ってやるぜぇ」と言わんばかりに俺設定をバンバン導入。
 「四元素とかマジ斬新」「ヤッベ!善悪二元論カッコイイ」「ラブクラフトが生きていたら、俺に嫉妬しただろうか(嘘)」もうやめてダーレス!クトゥルフ神話の原型はゼロよ!

 世の常としてダーレスのこうした作品群は、ラブクラフト原理主義者からはバッシングを食らうのですが、別に彼に悪意があった訳ではなく(敵意の無い悪こそが真の邪悪という意見も有りましょうが)
 これはもうラブクラフト作品に対する愛情の裏返りっていうか、行き過ぎっていうか、一巡後の世界みたいな物なんですよ。イッツ・パラレルワールド。だからこれは別の視点から捉え直すべきなんです。

 そこで私が提唱するのが「ダーレス面白い」という概念なのです。
 簡単に言うなら「イイ感じに原作から逸脱しているほど『ダーレス面白い』」。
 高得点ゲットです。
 具体例を挙げるなら、
・怪しい教授がほろ酔い気分で大気圏突入。なぜか無事。
・脳波を用いて北極星辺りから何だかよく分からない味方を召喚。そのまま敵方の集落をポグロム。
・最高クラスの邪神が山火事で慌てふためく。
・きょうじゅのたのみで、せいふがうごいた!!めざすは、ルルイエのちゅうしんぶ。
 クトゥルフのふっかつを さっさとくいとめ(核撃って)、ゴハンたべて ねよう。
とりあえずコズミック・ホラー台無し。うたばんでもないのに合計得点二兆点を叩き出す勢いです。

 まぁ、これは何もダーレスだけに適用される概念ではありません。いや、それどころかダーレスの進化系みたいな奴もいます。例を挙げるなら朝松健とか、朝松健とか。
Q:巨大ロボとかナチスとか 最初にクトゥルフ神話に持ち込んだのは 誰なのかしら   A:朝松健
 もう少し、こう 何というか 手心というか…。こんなのは和洋折衷などではありません、原作レイプです。例えるなら、ラブクラフトが種を撒き、ダーレスが(一応)育てたクトゥルフ神話を、朝松健はスルーしてから作物ごと再び耕した
 要するに、俺流の解釈で日本に流布したという事なんですが、如何せんオーバーキルです。あの、もしかしてアレですか?原作破壊の人間国宝にでもなるつもりですか?石川賢みたいに。

 というか、日本人は揃いも揃って俺世界を展開しすぎなのです。近視、虫歯に次ぐ第三の国民病に妄想癖を追加してもいい位です。
 朝松健含むクトゥルフ愛好家達が作ったクトゥルフの作品集に「秘神界」というのがあるのですが、そこではマンハッタン計画が進められています。
 つまり、核爆弾級にアレな作品が載っています。歌舞伎で邪神を封印するとか、フランシスコ・ザビエルが邪神崇拝者として日本を侵略して来るだとか、C級映画の原作コンクール会場ですかここは。
 そりゃ三国志演義がモロッコで大手術して来たようなPCゲームが出ますよ。こんな人達が一人や二人じゃきかないんですから、この国は。
 とはいえ、これらは味付けが濃すぎますが「ダーレス面白く」日本流にアレンジをしたに過ぎません。出来た果実は味も匂いも異なりますが、根っこの部分は同じなのです。

 実は「ダーレス面白い」は案外応用が利きます。例えばリアル鬼ごっこはイイ感じに実在の文法から逸脱しているので「ダーレス面白い」。テニスの王子様はイイ感じに実在のテニスから逸脱しているので「ダーレス面白い」。この表現が気に食わないなら「テニプリ面白い」でもいいと思います。それが表現の自由です。

 日常の至る所に隠れている「ダーレス面白い」。今日から始めよう「ダーレス面白い」。夏休みの自由研究にお一ついかが?
2008.08.11 Mon l クトゥルフ l COM(2) TB(0) l top ▲
ガイドブック
図解 クトゥルフ神話 (新紀元社) 
クトゥルフ神話ガイドブック (新紀元社)
エンサイクロペディア・クトゥルフ (新紀元社)
クトゥルー神話事典 第3版 (学習研究社)
クトゥルー神話の本―恐怖作家ラヴクラフトと暗黒の宇宙神話入門  (学習研究社)

小説
ラヴクラフト全集(1)~(7) (東京創元社) 
クトゥルー暗黒神話大系シリーズ(1)~(13) ※(6)(9)(10)除く (青心社)
クトゥルー怪異録 (学習研究社)
インスマス年代記(上)(下) (学習研究社)
秘神界「現代編」・「歴史編」 (東京創元社)
秘神 闇の祝祭者たち
ク・リトル・リトル神話集 (国書刊行会)
リトル・リトル・クトゥルー―史上最小の神話小説集 (学習研究社)
アルハザードの逆襲 (青心社)
アルハザードの遺産 (青心社)
ラヴクラフトの世界 (青心社)
ラヴクラフトの遺産 (東京創元社)
タイタス・クロウの事件簿 (東京創元社)
地を穿つ魔 <タイタス・クロウ・サーガ> (東京創元社)
アーカム計画 (東京創元社)
ミスターX(上)(下) (東京創元社)
暗黒神ダゴン (東京創元社)
賢者の石 (東京創元社)
イルーニュの巨人 (東京創元社)
邪神ハンター(1)(2) (東京創元社)
妖神グルメ(朝日ソノラマ)
肝盗村鬼譚 (角川書店)
邪神帝国 (早川書房)
邪神たちの2・26 (学習研究社)
二重螺旋の悪魔(上)(下) (角川書店)
秘神黙示ネクロノーム (メディアワークス)
ハスタール (メディアワークス)
小説・ネクロノミコン  (学習研究社)
黒い仏 (講談社)
魔道書ネクロノミコン 完全版 (学習研究社)

漫画
邪神伝説(1)~(5) (学習研究社)
昇天コマンド (ワニマガジン社)

ゲーム
アトラク=ナクア (アリスソフト)
沙耶の唄 (ニトロプラス)
涅槃完全版・涅槃2 (フリーゲーム・RPGツクール2000使用)
2008.08.11 Mon l クトゥルフ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。