上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『一本でもにんじん』とはよくぞ言ったものだが、
二本集まってもまだにんじんだと誰が断言できる?誰が保証できる?
世に送り出したなぎら健壱か?受け入れた子ども達か?そうさせた時代なのか?
頭の固い学者連中は、まだ試してもいないことをそれはそれだと決めつけて、
済んだ話にする気なのさ。その方がアイツらにとっちゃ都合がいいからな。
奴等は本当の事実を隠している。目を背けている。だがそうはいかない。
妥協はしない。
……例え世界が滅びようとも。

‥おい、まさかお前もあれをにんじんだと言い張る気じゃないだろうな。
それともあれがにんじんに見えるのか?おめでたい奴め。
哀れなマーベイジはそう言って喰われたんだ。
別に分からなくてもいい、直に分かる羽目になる。

いつの間にかドアが音をたてている。
何か丸々とした巨大なものが体をぶつけているかのような音を。
ドアを押し破ったところでわたしを見つけられはしない。
いや、そんな!あの野菜は何だ!窓に!窓に!

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]アタック・オブ・ザ・キラー・トマト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2007/01/24)
デヴィッド・ミラージョージ・ウィルソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2010.06.20 Sun l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
「ハラショーアーニャ!ハラショーミトン!ウラーロシア共和国!」

あらすじ。
すべての自然法則を包み込む単一の理論、“万物理論”が完成されようとしていた。
是即「女の子へ子犬が駆け出せば そしたら ほらステキが∞(ムゲンダイ)」。
主人公の少女アーニャは犬を飼いたくて仕方ないのだが…ふと手にした手袋が子犬に変貌し、
さらに世界には謎の疫病が。究極のハードパペットアニメーション。

ゴメン一行だけうそついた。

ミトン [DVD]ミトン [DVD]
(2004/07/23)
不明

商品詳細を見る


かんそう。
アーニャの仕草が可愛い。いやもうマジで凄かった。ロシアン美幼女。
友達の家に行きドアを開けようとしてもノブを回すには背が少し足りないので、
ぴょんぴょんジャンプしたり一所懸命ドアを押したりぱんぱんドアを叩いたりして
何とか入れて貰おうとするあたりがヤバい。思わずコマ送りした。良かった。

雪の降りしきる中、品評会で負けてうなだれるミトンをぎゅっと抱きしめるアーニャ。
発生確率は大、 被害程度は死亡。彼女はフードを被った可憐な死神、シモ・ヘイヘ。
この時の瞬間最大アグネス(AP/s)は観測史上最大値を記録し国境を越えてミーガン法が適用される勢いであった。アメリカだと単純所持でしょっぴかれると思う。
でも僕は日本に住んでいるのだ。良かった。

見ていて気付いた事と言えばアーニャのちょっとした身振り手振りが実にそれらしくて、
それらしいということは製作者がそれについてよく知っていると言うことである。
よく知り、学び、楽しむ。捕まる。僕はタイガー。三浦のボイラー。
本当に危険な人間とは突き抜けて手の届かないところへ行ってしまった者よりも
一般社会に溶け込もうと手を尽くす者だと知った。
2010.01.11 Mon l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
「実は彼は記憶が80分程度しか持たないの(バカだから)。」

26世紀青年 [DVD]26世紀青年 [DVD]
(2009/03/06)
ルーク・ウィルソンマーヤ・ルドルフ

商品詳細を見る


導入部の
IQの高い夫婦は子供を産むことに慎重になって、
バカはバカバカ産むからやがてバカの遺伝子だけが広がっていくっていう理論を
実に明快なPVで懇切丁寧に説明するくだりが笑えた。

B級映画的アメリカをとことん突き詰めた感じで、すっごくステキな馬鹿映画。
あとモンスターディルドートラックとか全自動カマ堀り器とか出てくるし
超オススメ。見るといいよ。
2009.11.05 Thu l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
「愚にして卑だが碌でもない」

チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/09/08)
トレイ・パーカーマット・ストーン

商品詳細を見る


あらすじ。
大量破壊兵器を隠し持ったテロリストを絶対に許さないチーム・アメリカ。
ルーブル美術館ニ逃ゲ込ンダテロリストアレバ、美術館ゴトフッ飛バシテヤリ、
綺麗ゴトヲヌカス映画スターアレバ、行ツテソイツノ脳漿ヲブチマケ、
世界は救われた。なんて感動的なんだ!

かんそう。
・「エイズエイズエイズ……、エイズ! (11人目は幻のローマ教皇だ~!!)」

・有名人のおちょくり方。
 1、直接対話を試みる※ (Bowling for Columbine)
   → 相手は本人ですからせいぜいお宅訪問が関の山でしょう。
 2、そっくりさんを連れてくる (The Naked Gun)
   → 相手は人間ですからラリアット位なら決めていいかもしれません。
 3、そっくりの人形を作る (Team America:World Police)
   → 相手は人形ですから散弾銃で頭吹き飛ばしてもろともに散華!これぞ肉弾幸!

・たぶん漫☆画太郎先生へのオマージュ。※
 (吐き続ける主人公)
 (人形劇なのにやけにリアルな吐瀉物)
 (荘厳なBGM)
 (執拗に吐き続ける主人公)
 (再び荘厳なBGM)
 (霧状になって噴出される吐瀉物)
 (倒れるときは(ゲロの海に)前のめり)

・この理不尽な映画のあとに 製作者はメイキングでこう付け加えています。
「誰もが皆正義というタイトロープを歩くので、美しい醜さも見ないフリをしました」と……。
本当に……?

※インタビュー相手に突如発砲する「ゆきゆきて、神軍」は相手が民間人だからスルーで。
クイ研合宿でクズ研部員が吐いた時のことを思い出した。
  あれも感動的な吐瀉っぷりだった。
  「自分はここにいるよ…!誰か気付いて!!」
  という感じの力強いゲロ。後期印象派を彷彿とさせる作風。
2009.10.24 Sat l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
今年の夏休みは平成ライダー強化期間に決めたのでブレイドを見ていました。
橘さんがかっこいいと思いました。
鳥怪人を橘さんがやっつける15話は3回見ました。

橘さん伝説 

ケンジャキ


・サッカーで骨折

・剣メンバーのゲーム大会にハブられる

・しかもそのことを舞台挨拶の時に知る

・PC持ってないのにipodを持っている

・音楽入れるときは椿のPCを目当てにCD持参する

・ipodに曲を入れるためだけに椿宅を訪れる

・PCからiPodへのデータ転送の間、ひたすら洗面器を睨む

・なんかほぼ週1で椿と焼肉食いに行ってる気がする

・椿がどっかの駅で「あの後姿はもしや?」と思ったら天野だった

・別に申し合わせたわけじゃなく偶然同じマンションに天野と椿が入居してた

・カラオケ屋に森本だか椿が行ったら偶然天野が居た

・剣世界の放送後すぐに「バキ!今の見たか!?」と興奮しながら電話を掛けてくる

・突然すき焼きの写メを椿に送りつける

・テレ朝から六本木駅までの行き方がわからない

・アテレコ中に椿に殴られる

・映画撮影中に北条くんと携帯でオリジナルプロモ作成..........

・夜中に椿から「橘さん!?どこにいるんです!?」と電話される

・「『俺の体はボロボロだ』が現場で冗談で使われてるのがすごく嬉しい」

・森本さんに電話したら「何の用だ」とか言われブチッと切られた

・映画記念のパーティでインタビューを椿と森本が受けてる最中に足音ドシドシ立てつつドア思いっきり開けて「みんな!寿司があるぞ!ウニもだ!」と叫んだ

・――天野さんはお酒を飲んだらどうなるんでしょうか?
 北条「甘えん坊になる……?」
 森本「ギャレンナイトフォームっていうんですよ」

・撮影待機で唐突に四つ葉のクローバー探しだし、椿や現場スタッフを巻き込んで探した

・428のオーディションでブレイド見てたスタッフが「橘さんじゃないか!」と興奮していた

・放送終わった日に唐突に北条へ「ハカランダ」ってメール送る

・バスケットに勝利し狂気乱舞

・「(『こだわりのものは?』という質問に対して)……洗剤ですね」

・「これ食ってもいいかな?」は例のシーンが撮影終了したと勘違いした天野自身が言った、素の台詞である

・イベントで「サンタをいつまで信じてました?」の質問に「サンタはいます!」と回答

・耳の不自由な子供に向けて「仮面ライダーがついてるぞ!」と手話

・「ライダーではクールでかっこいい大人の男を演じていたのですが」  
2009.09.16 Wed l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
「この救いようのなさ クセになりそう!」

横山分と今川分の同時摂取はGロボじゃなくても出来るんだねというお話。
でも殆どGロボと骨組がおんなじ気がする。お話とか。出てくる人とか。
今川だからか。今川だからね。

鉄人28号 1鉄人28号 1
(2004/07/07)
くまいもとこ稲葉実

商品詳細を見る


見てると酷くこころのちからを消費するので数話毎に休息をとりました。
ちょっと考えてみて欲しい。
とっても鬱々とした雰囲気が2クール分延々と続くんですよ?超オススメ。見るといいよ。

あらすじ。
親父が超ヤバいロボとか造って死んだ後、息子が超困る。世界も超困る。

今川監督は「ぼうそうした かがくしゃが せかいのおわりを ひきおこす!」のが一体どれだけ好きなんですか。貴方の机は引き出しが元から一つしかないのですか。それとも一つに変えたのですか。どっちなんですか。多分後者だろうな。
2008.11.08 Sat l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
僕らがゾッコンLOVEしてる動画サイトニコニコ動画には神動画や熱い動画のほかに
なんかこう得体の知れないものが沢山あってそれがまた僕たちを惹きつける訳ですが
意味もなく嫌な体験をしたかったので
タグ「ホラー」とかで検索してたら新耳袋と再会しました おひさー
うpされてた数話はすぐに観終わったのでTSUTAYAに急行して
もう一度あいつに出会ってやろうそれがええそれがええと思ったのでした

仲間外れなんてヒドいじゃないのさ悔しいわという方に説明すると
えーと「新耳袋」ってのはですね
訳も分らないまま怪異にガンつけられてガクブルしてたら終わってた
というのが一冊に99話もある!まさに業務用怪談集!ちょうおとく!
という通り魔的ホラーです おわり

そんなオムニバス臭溢れる新耳袋を愛してやまない
ホラー好きという精神的なマゾヒスト達がよってたかって映像化したのが
これだい

怪談新耳袋 劇場版怪談新耳袋 劇場版
(2005/01/26)
竹中直人坂井真紀

商品詳細を見る


「テレビで放映してたVer」もあったんだけど劇場版の方が金かかってるし
時間だってかかってるはず 恐怖のあまり心臓が破裂して
部屋で悲しく孤独死するくらい怖いのではないのかそうにちがいない
と独断と偏見に基づく極めて公正なるジャッジが下されました 
で、観ました 最後まで

でもそんなことはなかった
どう考えてもテレビVerの方が心臓に悪かったと断言するよ
そんなしょんぼりホラー「怪談新耳袋 劇場版」をレビューします

ええとね「夜警の報告書」と「ヒサオ」は原作慨読者でも楽しめました
残りの六話は改悪と単なる映像化にすぎないので飛ばしても構いませんし
全部見てから「オー タイムイズマネー」と外人の真似をしながら嘆くのもいいんじゃないかな
それも楽しいよ俺が保証する
じゃ、がっかり6人衆を先に紹介するね 
※ホラーだけどネタばれするよ この6話つまんないしいいよね

「残煙」:単なる映像化
「次々と女性が紫煙だけを残し消えていく」というと面白そうだけど消え方が半端ないんよ
読んで字の如く消えるんよ 
「お客さん 消え方どうします? 衣服とかは残します?」
「頭から消しゴムでゴシゴシやる感じでお願いします」
唐突過ぎて編集ミスかしらそんなはずはないわねえと巻き戻し&再生を3回くらいしたよ
でも、変わんなかったよ
もう一つ カメラワークがバリバリ激しすぎて付いてけない 見てて気持ち悪くなった
もうこれはオールドタイプの僻みとか抜きで

「手袋」:単なる映像化
宙に浮く白い手袋マスターハンド×2が女性の喉を圧迫するお話
特筆すべきことはなし しかも微塵の怖さも存在せず 駄作

「重いッ!」:改悪
出てくる幽霊がチャラけた中年男性withバラの模様咲き乱れる白Yシャツ
ねえこれ人を怖がらせる気あるの?どうなの?少しは反省する気あるの?
原作だと主人公が押しのけた幽霊が今度は隣に移動するっていうコミカルな話でしたが
この中では新耳袋のお家芸「人体改変マジック」で
男の首が180度回転して軽やかに飛び上ります
主人公の息子の頭を押しつぶします スーパードッスンみたいに
すげえ後味悪いYO コミカルと言えばコミカルだけどさ

「姿見」:ギャグ化
母校に帰ってきた男子学生二人が変なのにサクリファイスされるお話
まず一人目はマンインザミラーされます
いきなりニョキッ(腕が) おつぎはズムッ(掴む)
ホラーには必須のリアリティがこの次元には存在しない概念なので
観客は「えっ」とは思うでしょうが次につながりません 怖くないのです
残念ながらこの回では恐怖は打ち止めみたいです
んで二人目はというと血色の悪いおばさんがバスケットボール片手にすり足差し足忍び足
驚かしたい気持ちはわかるのですがこれはホラーですよおばあさん
次からはバスケットボールは籠に戻しておきましょうね

「視線」:単なる映像化
新耳袋は結構出演する女優さん(子役含む)が可愛かったり綺麗だったりして
目の保養になることが知られています
やっとその法則が当てはまりました うれしい! 普段着可愛い!
でもそんだけの普通のホラー 
いうことは特にないですが強いて挙げるなら
「イツモオマエヲミテイルゾー」(妙にキーの高いか細い声)
が幽霊の表情とマッチして重ちーのツボにはまりました 吹きました 
……ええと、これ面白いですよ! ギャグとしてみるなら

「約束」:改悪
これってイイ話し系の筆頭株なんですよ「新耳袋」ファンの重ちーランキングでは
なのに制作した看板が怖すぎてクレームがきたってどういうことだってばよ!!
「ちくしょうだれがこんなことを」
「わかりましたから落ち着いてください」
「じゃ一言いわせてくれ」
「いいですけど」
「脚本家が『僕の考えた座敷女』入れたせいでイイ話が怪獣映画になってるじゃんかよ!
 っていうかジャパネスクホラーに合成シーン入れるとかって何かんがえてんだよもう
 違和感が恐怖より優先されるだろうなんて目に見えてるじゃないか!」
「でも赤いフィルターをかけた室内の静止画は雰囲気出てましたよ」
「それはクライマックスシーンの蛇足っぷりが打ち消しているのでノーカンだっ
 幽霊にキメポーズ要らないから!戦隊ヒーローじゃあるまいし!
 俺幽霊は自分の新作小説にでも出してろよ」
「創作の地産地消というわけですね」

ほほうと感心した佳作の
「夜警の報告書」は最初を担当し「ヒサオ」はトリをつとめます 
恐らくは観客をダレさせない工夫なんですね
ネタばれはしないけど感想述べます

「夜警の報告書」:原作を活かしてその次につなげた良作
二人の男性が廃ビルを巡回する中で話は進みます
原作だと話の骨組だけが載っていて改変の余地がアリアリでした
そこで軸の全くぶれない人物「ヨシザワ」さんを出したのがよかった
キャラの立った彼と彼以外の警備員のリアクションを交互に見ることで
僕らは質の高いホラーとギャグのコンビネーションを相殺せずに楽しめるのです
名台詞「おかしいんだよ!」を連呼するTV版の名作「棚下がり」と似た感触ですね
バッドエンドじゃないけど何か釈然としない……
言いようのない不安を掻き立てる演出が憎いですね
事実を事実として認めつつもやっぱりそれは気の迷いと切って捨てる「ヨシザワ」さんカッコイイ!

「ヒサオ」:大胆リフォーム成功例
原作はセリフあり説明文あり普通の小説でしたが
本作では母親の息子への語りかけだけが存在します それで十分 後は何も要らない 
音楽を含めて余分な要素はほとんどないです
演出も秀逸で やれ幽霊が「後ろから前から」だのお次は仏壇からだのといった
あからさまな恐怖描写は意図的に避けています
けれども残念なシーンが一つあって
ラストは垂れる足をそのまま出すんじゃなくて影を揺らすだけにして欲しかった
そっちの方が雰囲気出ると思う
ただ そうなんだろうな と観る者に判断を委ねているところがナイスホラー
たぶん勘のいい人は開始一分位で話のあらましが見えてくると思います
そういった所もこの作品が優れている証拠です 
見えてくるからではなく 見えてからも面白いから
母親役の女優の演技がうまいので話の全貌が分かる頃には泣けます きっとです
ちなみに重ちーは声を押し殺して泣くのが大好きです とっても日本的行為だから
今度は「レオン」でも借りてこようかなぁ
2008.08.20 Wed l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。