上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
忘れないように、そしてかぶらないように
今年の夏(あの心底驚嘆すべき蘭越ステークスがあったのだ)から今まで
クイズ問題作成に役立った本を挙げていく。
随時更新。
ジョット。

TVクイズ番組攻略マニュアル〈2〉TVクイズ番組攻略マニュアル〈2〉
(2002/12)
フレームワークジェイピー

商品詳細を見る

クイズ作成のバイブル。あなたが神か。


雑学・世界なんでもかんでも「最初のこと」 (講談社+α文庫)雑学・世界なんでもかんでも「最初のこと」 (講談社+α文庫)
(1998/01)
パトリック・ロバートソン

商品詳細を見る

大体知りたいことは載ってる。お前はエスパーか。


雑学大全雑学大全
(2004/09)
東京雑学研究会

商品詳細を見る

雑学大全2も含め、目ぼしいものは殆ど蘭越ステークスで出題しました。悪しからず。


グレートピープル。ストレンジ。グレートピープル。ストレンジ。
(2000/06)
いしい しんじ

商品詳細を見る

変態マエストロ・ジョゼフ・プジョルとか出てくるし超オススメ。読むといいよ。


ゆかいな理科年表 (ちくま学芸文庫)ゆかいな理科年表 (ちくま学芸文庫)
(2008/11/10)
スレンドラ ヴァーマ

商品詳細を見る

前半はまともな理科年表だけど後半はかなりグダグダ。


元素の小事典 (岩波ジュニア新書 (316))元素の小事典 (岩波ジュニア新書 (316))
(1999/03)
高木 仁三郎

商品詳細を見る

元素問はこれ一冊でほぼカバー。


カブト虫!カブト虫!カブト虫!カブト虫!
スポンサーサイト
2009.11.24 Tue l サークル l COM(0) TB(0) l top ▲
「じゃあまずは、最新のヘッドラインから行ってみよう!」

「本日大学北部にある教養棟E219教室においてクイ研(クイズ研究会)の会長選が行われ、
 17票中8票と二位以下に5票以上の差をつけて過半数の票を獲得し、
 二年生のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が会長に就任した。
 彼は現クズ研(屑人間研究会)の会長を務めており、彼の手腕次第では、
 本来クイ研の支部組織であったクズ研が下部構造からの脱却を果たした上で、
 政権交代する日もそう遠くはないのかもしれない。」

「予てから争論の的となっていたクズ研の入部資格であったが、
 理学部と同等の非生産力を持つ文学部のロビイストの圧力を受け、
 文学部に所属する学部生最強の男がクズ研に入部していたことが明らかになった。
 クズ研では過去にも薬学部の人間を準会員として受け入れるなど、
 管理体制の甘さが(クズの)専門家からも指摘されており、
 『このままなし崩し的に入部資格を拡大していけば、クズ研の運営に関わる分野に
  薬学部や工学部など生産性の高い人間が参入する恐れもある』
 と、クズ研の一部閣僚は危機感を募らせながら語っていた。
 安全保障の観点からも危惧されるべき問題となると見られ、
 入部資格を巡る情勢については、まだまだ波乱が続くと予想される。」
2009.11.17 Tue l サークル l COM(2) TB(0) l top ▲
以前書いた文章の続き。
後半の脱線っぷりがいっそ清々しい。
いや、スカスカしい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

そこでカレー味のうんことうんこ味のカレーの尊卑という冒頭の問いに戻ってくる訳だが、
「この比較対象である二者は果して本当に区別して考えるべきか否か」
という疑問があると私は考える。

というのも、現在「うんこ」として認識され「うんこ」として存在する事象は、
過去に「カレー」であった経緯を持つのやも知れないのである。
逆もまた真なりで、現在「カレー」として認識され「カレー」として皿に乗っている事象は、
過去に「うんこ」であった経緯を持つことを完全に否定することはできない。
直接うんこを鍋の中のルーに溶かし入れるなどという極論を述べずとも、
人間の排泄物が肥料として農作物の栽培に使用されていたのは夙に知られた事実で、
日本の代表的な寄生虫である回虫の罹患率が、戦後急激に減少したのは、
肥料の原料が人糞から化学肥料にシフトチェンジした事によるものであることは、
上に指摘した文章を裏付けるものである。

「やぁ!そこの君、とってもお腹が空いているような顔をしているね。
 私はうんこにしてカレーである。最高の物であり、最低の物である。
 ほら遠慮せずに、さぁ さぁ さぁ お食べYO!」


従って、マクロ的な視点から見れば両者を同一視することは何ら不自然ではない。
以上の主張にどうも納得がいかないというのであれば、
空間的な概念であるトポロジーを、今度は「時間的」連続体として拡張すればよい。

フィクションの世界でも、SF作家カート・ヴォネガットの代表作「スローターハウス5」には
過去から未来にわたる全ての時間を同時に一望することができる「トラルファマドール星人」
なる登場人物が存在し、現在というしがらみに捉われる地球人の視野の狭さを指摘している。

ということは異常性癖である食糞行為に及ばずとも、
位相幾何学上は「うんこ」を食べ続ける人間が存在し得るのである。実に愉快である。
一心不乱に自らの身体の一部又は分身を食べ続けるその姿には、
恐慌を来し凶行に及んだ主神を描いた、ゴヤの『我が子を食らうサトゥルヌス』や
己の尾を噛んで環となったウロボロスを思い出さずにはいられない。
驚くべきことにウロボロスは錬金術において、貴金属を生み出す賢者の石の
作成過程を表す象徴であり、黄金はうんこの隠喩としても使われるのである。
ここまで来ると偶然ではない…もはや「必然」。

『フィリップ(スタルク)がデザイナーだって?
 デザイナーが聞いてあきれるよ!お前は黄金(こがね)の錬金術師だ!』


うんこだこれ

2009.11.17 Tue l サークル l COM(0) TB(0) l top ▲
ザザンザーンザザン
ザザンザーンザザン
ざざむしザザンザーン

生きてたんだ。

「バカ、さみしかった」
「この泥棒猫!」
「お義母さま!?」
「授業しろよ…」
「秋のペプシ、あずき出た。」
2009.11.16 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
私は激怒した。必ずやかの邪智暴虐なる言葉を否定しなければならぬと決意した。
というのも近頃、
「この者は純潔を失いしものなり」
なる旨の書き込みをネット上で幾度となく見たからであった。
その度に行き場のない感情がたちまち私を包み込み、瞋恚で目も眩まんばかりになった。
確かにその少女には幼少時代の直接的な描写はなく、
両親を早くに失いどこかに引き取られ不幸な境遇を送ったらしい由のみが
作品中に見受けられたからであろう。これは悪魔の証明の悪用である。
確かに消極的事実を完全に否定することは現実問題として不可能である。
だからといって年端の行かぬ少女に不幸な境遇を押し付ける様な真似は絶対に許されない!
箱庭的世界は閉ざされたまま存在すべきである。時は進むことなく繰り返すべきである。
変化は、進化は、悪魔の所業。主は汝らが楽園に住み続ける事を望まれ汝らを作ったのだ。
知恵の実として林檎が生ろうが汚穢が生ろうが与えてはならぬ。改変は罪悪と知れ。
理由を求めてはならぬ。意味を求めてはならぬ。何故ならそれはそういうものだからだ。
だが感情的に反応したのでは理論性はおろか説得力は雲霞の如く消えうせるのみ。

証拠が必要だ。論破には確かな証拠が不可欠なのだ。
そこで作品の大本となる聖典を手に入れる事にした。
作品は元々或る作家の個人誌の中の一コンテンツであり、
数年ほど経ってから商業作品として世に出たという経緯がある。
その冊子は現在ではその希少価値から高値で取引されているのが現状だが、
我々は宗教弾圧には決して屈しない!!
そこで「ドキッ!結論ありきの脳内公会議」が開催され審議した結果、
万雷の拍手を以って購入にかかる諸費用の予算請求が可決された。
銀行口座に振り込み待つこと三日間。
これは偶然にも神の子の復活に要した期間と同じであった。
かくして福音は我等信徒の手に委ねられた。

私が聖典を解読したところによると、
創造者はこの身寄りのない少女を老人に引き取らせたという設定で御造りになり
老人の逝去と共にこの物語は始まるであろうと仰せ給うた

とその由書き記してあった。
老人は子供と並び、純潔・性に対する無謬性の象徴である※ことは、
賢明な読者諸君のことであろうから説明の必要はないと考える。

やはりあの様な邪智暴虐なる言葉は嘘まやかしの類であった!!
人心を惑わす占い師や魔術師などは神の国には入れぬ。
それが証拠にシモンは空から落ちたではないか。
やはり神は死んでなどはいない、常に我らと共にあり見守っていてくださるのだ。

と無宗教者の私がマジレスしてみる。

※その詳細は「少女民俗学―世紀末の神話をつむぐ『巫女の末裔』」に詳しい。
2009.11.14 Sat l 自己紹介 l COM(0) TB(0) l top ▲
「善意はあっても善悪の判断が付かない斑木ふらんが広い意味での医療に挑む!」

挑み続けた結果がこの作品だよ!
もう4巻目だよ!表紙詐欺も板に付いて来たんだよ!

フランケン・ふらん 4 (チャンピオンREDコミックス)フランケン・ふらん 4 (チャンピオンREDコミックス)
(2009/10/20)
木々津 克久

商品詳細を見る


ページをめくれば相も変わらず見えてくるのは、
抱える悩み、求める患者、応える医師、起きる惨劇、戻る振り出し、
星の巡りが悪いと往々にして悲劇は繰り返します。
もう一回、もう一回、もう一回、もういいかい?まあだだよ、もう一回。
ふらんさんは今日もまた医療の名の下に真っ赤な花火を咲かせるのです。

ひょっとすると只のエログロ作品と勘違いする人がいるかもしれませんが、それは違います。
詰まる所この漫画もテーマはジョジョと同じく人間散華(さんか)、
高名な科学者が言い残したように、人間なんて所詮、血の詰まった袋に過ぎないんですよ。
出さんと欲すれば まずは溜めるべし!貶めんと欲すれば まずは飾り立てるべし!
イコール命の尊さを知るには命の儚さを知ろう!だから人体を爆散させよう!!
きっとそういう事をいいたいんだよ。きっとそうだ。

余談ですが、
2009年のチャンピオンRED4月号で木々津先生のインタビューがありまして、

Q:「『フランケン・ふらん』で好きなキャラ・嫌いなキャラは誰ですか?」
A:「ヴェロニカをいじめたくなりますね。フランはいじめ甲斐がないし(笑)。」


というやりとりがあった次の号で、ヴェロニカが集団による凄惨ないじめを受けた後親友と信じた先輩に裏切られて睡眠薬飲まされてから人身売買の対象としてレイプ未遂までされていて、
まぁ何ていうか、ホント木々津先生は木々津先生だよねと思いました。

2巻のススメ
3巻のススメ
2009.11.12 Thu l 良作(漫画) l COM(0) TB(0) l top ▲
「ケモで大正生まれの女子高生で世間に疎くておまけに方言持ちだなんて
 無茶だよ陽一君!」
「へへっ 細工は流々仕上げはごろうじろ まあ見てみなって!」


ミル見る

ミル

あらすじ。
かつては作物を生み出す大地の豊かなる体現である地母神が尊敬や崇拝の対象となり、
ツルペタニア国はオッパニア帝国によって搾取されていたといいます。
それを憐れんだマジ偉い人は、そこで、人々にあるべき姿をこのように説きました。

「一に曰く、胸小さきを以て貴しと為し、膨らむこと無きを宗と為す。」

それからというもの、大和の国の人達はグラマラスアハンウフンオーイェーだったかつての態度を改め、
漫画やアニメのヒロインの年齢を下げるようになったそうな。とっぴんぱらりのぷう。

しかし母性には母性の良さというものがあり、その持ち味を活かしつつ
上記の格言に適合する新時代超人類がロリババァであります。
まったく、HENTAIは日本人のお家芸なのであります。
2009.11.07 Sat l 良作(漫画) l COM(0) TB(0) l top ▲
「実は彼は記憶が80分程度しか持たないの(バカだから)。」

26世紀青年 [DVD]26世紀青年 [DVD]
(2009/03/06)
ルーク・ウィルソンマーヤ・ルドルフ

商品詳細を見る


導入部の
IQの高い夫婦は子供を産むことに慎重になって、
バカはバカバカ産むからやがてバカの遺伝子だけが広がっていくっていう理論を
実に明快なPVで懇切丁寧に説明するくだりが笑えた。

B級映画的アメリカをとことん突き詰めた感じで、すっごくステキな馬鹿映画。
あとモンスターディルドートラックとか全自動カマ堀り器とか出てくるし
超オススメ。見るといいよ。
2009.11.05 Thu l 良作(映像) l COM(0) TB(0) l top ▲
大学キャンパスはほぼ全ての学部の集合体でありかなり広い。たまに迷う。
従って出入り用の門が無数に存在し皆勝手気ままに出たり行ったり、来たり入ったりしている。
私がよく使うのは銀杏並木のある北12条の門だ。バイトに行くにはここを使うのだ。
秋には黄色い絨毯が道路一面中に敷き詰められ一見すると美しい。
通いなれた場所ではあるが、はたと足を止め落葉を蹴りまくって楽しむだけの価値はある。
これが意外と楽しいのだ。
小学生とかが凍った水溜りを執拗に割っているのと似た感じだと思う。

でもこいつは厄介な落し物をする。銀杏だ。超臭い。あと結構硬い。
今日なんか私の右眼を直撃した。普通に痛い。涙が出てきた。
そりゃ青柿ぶつけられた蟹も死ぬわ。セルロースとか丈夫すぎるだろ。
ホントこの落葉樹枯れてしまえばいいのに。

バイト帰りにまた通るとカメラを構えた人がいた。
そりゃ傍目には綺麗だものな。銀杏の匂いまでは撮れないし。

これを臭嗅分離という。
これが言いたかっただけ。
2009.11.04 Wed l 備忘録 l COM(0) TB(0) l top ▲
・神様は意地悪だ。生きとし生けるものを複雑怪奇に作りやがって。
もうちょっと簡略化して作ってよ。誰も怒んないって。
そしたら生物の教科書が安くなるのに。

・本日付をもって仮免ライダーになった私。
果たして私は何号ライダーなのだろうか。
普通に9桁いくのではないだろうか。

・今月中にバイトやめようと思って店長に電話した所
ギリギリ30日以内の申請ではないために
「おい! それぇ!! ノン!」
とか言われて12月まで雇用期間を延長されてしまったのだ・・・
そこに気づくとは・・・やはり天才・・・
2009.11.01 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。