上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週の動物系統分類学実習は潮干狩りも兼ねたナイス企画。
いやむしろ心情的には潮干狩がメインなるも已む無し。それ程までに大漁旗。
実験用のデカいポリバケツを埋め尽くす海の幸。ヒトデやナマコやウミウシや。
大学などの研究・調査目的で、特別に許可を受けているので違法も合法。
殺しのライセンスや!ワイは猿や、プロゴルファー猿や!!!!!!!

「みんな!いっぱいあるぞ!ウニもだ!」

ウニもあるぞ!

これはムラサキウニ。エゾバフンウニになると更に高級で貴重。

ただしおウニ様には手出し無用。取ってもいいけど採っちゃ駄目。全く無体な話である。
時空を超えてあなたは一体何度我々の前に立ちはだかるというのだ、漁業権!
仕方なく掴んだウニを遠くへ放り投げて遊ぶ。面白いように取れるウニを沖合へ投擲。
ウニ飛んでけ、ウニ。天まで届いて戻ってくるな。
ぼくのかんがえたゲーム、ウニ投げ。やるさなさが漂う退廃的な遊びである。

どれをもって帰ったらいいものか教授に聞くと
「食べられるものを食べたら?」
それは当然の話だ。
ローソンのビニール袋にムール貝と貽貝を詰めるだけ詰めて帰宅。
酒蒸しにして貽貝だけ食べる。マジうまい。死にそう。

翌日ボンゴレ・ビアンコのような料理を作成。
「フフフフフ 名まえがほしいな 
 『ボンゴレ・ビアンコのような料理』じゃあ今いち呼びにくい!
 このシュトロハイムが 名づけ親(ゴッドファーザー)になってやるッ!
 そうだな……『メキシコに吹く熱風!』という意味の「サンタナ」というのはどうかな!
 ……関係ないけどね!!」

この料理の名前はサンタナに決まりました。

サンタナ

ぼんごれ


材料
* ムール貝 あるだけ

ムールムール


* 日本酒 適当
* スパゲッティ(1.6mm) 250g
* オリーブオイル 適当
* ニンニク 2片

レシピ
1, ニンニクを薄く切りフライパンでオリーブオイルと共にとろ火で加熱
2, ムール貝の足糸を出来る限り取り除き、表面もガシガシ洗う
3, 貝と日本酒もフライパンに入れ酒蒸しにする
4, 蓋が開いたら余分な加熱を避けるためにソースから貝を取り出す
5, スパゲッティは塩をやや少なめにし、固めに茹でる
6, ソースとスパゲッティを強火で加熱しながら手早く合わせる
7, 出来上がる直前にムール貝をフライパンに戻し温める
8, 火を止めてお皿に盛ってできあがり

うみー!うみのあじがするー!ははなるうみのあじがするー!
これは味のインセストや!レヴィ・ストロース先生もビックリの味やで!!
そうだな…………「みやびつづる風海鮮パスタ」というのはどうかな!

この料理の名前はみやびつづる風海鮮パスタに変わりました。











みやびつづる風海鮮パスタ

ぼんごれ
スポンサーサイト
2010.05.17 Mon l 生物 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://j9galaxywhirlwind.blog64.fc2.com/tb.php/167-91015731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。