上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「俺はからだはうんこ製造機になった、だが人間の心は失わなかった!」

人(のクズ)と話していると、我々の会話を立ち聞きした周囲の人間達は

「酔ってんのか」
「酒飲んでんのか」
「お前頭おかしいのか」

口々にこう言うのだ。褒めてんのか。
そんなに褒めてもうんこしか出せないんだぜ。人呼んでうんこ製造機とは俺のことだぜ。

科学の進歩により多機能化したうんこ製造機は、極めて人間に近い存在です。
人間の言葉を話し、人間の心を持ち、人間に近付こうとするその姿が我々の心を打つのです。
日頃の発言の数々も学習の成果の表れです。もしくは霊障です。

ポニョ下君※を偲ぶために「崖の上のポニョ」を歌いに
歌屋に行った時も、俺は人間の心は失わなかった!

お冷をピッチャーで頼んだ時も、俺は人間の心は失わなかった!

「In My Dream」を息も絶え絶えになりながら歌った時も、俺は人間の心は失わなかった!

キングゲイナーの主題歌をドヤ顔で歌いきった時も、俺は人間の心は失わなかった!

要は人間の心をしっかり持てば良いのです。
因みに使う必要はないのです。

※ポニョ下君:古代中国に於いて金沢県の人が「ポニョ」の正式名称を問われた際、
         「ポ、ポニョのぉ……」と答えたという故事に基づく故事成語。
         転じて、脳梗塞に陥った人間の苦悩の様子を指すようになった。
スポンサーサイト
2010.05.29 Sat l サークル l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://j9galaxywhirlwind.blog64.fc2.com/tb.php/168-cc5c0f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。