上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
amazonで頼んだら届いた。いい時代である。

うちのメイドは不定形うちのメイドは不定形
(2010/06/10)
静川 龍宗

商品詳細を見る


あらすじ。
寄生獣だこれ!

・我々に個というものは無い
・分裂しすぎると自我が薄れ制御出来なくなる
・自らの身体の一部を硬質化して鋭利なブレードを作れる
・相手の打撃をまともに受けるのは かなり危険だ だからこうして斜めの角度ではじく
・致命的な一撃を受けて瀕死になった主人公の血肉となる
・ミギー……君なのか……?
・いつの間にか主人公が超人化している
 「やったのか!! 新一!!」

かんそう。
ショゴス萌えである。奉仕種族なのでメイド、所謂一つの思い切りの良さ。安易とも言う。
5年前、私がショゴスメイドの4コマ漫画を部誌の巻末に寄稿したくらいには安直。
「いいよねショゴス」
「いい……」
俺によし。
私は旧支配者より独立種族の方が人間らしくて好きなのだ。
何故なら自身の全集の中で、
「コズミックホラーは人間には到底理解できねー!できねーんだよクソども!」
とラヴやんが鼻息荒く明言した以上、
巷にあふれるクトゥルフ神話擬人化は御大原理主義者として認められない。
定義上、旧支配者は人の心を持ち得ない。ナイ神父は別だけど。
どうしてもと言うなら独立種族。もしくはそれに連なる奉仕種族。そして信奉者。

「何であれ、『彼ら』は人間だったのだ。」
(ボロ雑巾の様になった『彼ら』を思い出しながら)

何であれ、エルダーシングが一番可愛いよね。
だのに作中でエルダーシング批判があまりに酷いので本を閉じそうになった。
「狂気山脈にて」のエルダーシングのあの可愛さを分からないとは!あまつさえ貶すとは!
これはきっとダゴン秘密教団の汚い陰謀だ!私にはわかる!証拠は無いが絶対だ!
スポンサーサイト
2010.06.14 Mon l クトゥルフ l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
え・・・?え・・・?
その・・・
てけりり!

読んでみたいなぁ
2010.06.16 Wed l ぐんそ. URL l 編集
No title
早川書房の「SFマガジン2010年5月号」に掲載されている「ショゴス開花」
を先に読むといいと思います。多分図書館に行けばある。
あれもショゴス萌え。かなりの良作。
因みに私はブックオフで見かけたときに買いました。
2010.06.16 Wed l 重ちー. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://j9galaxywhirlwind.blog64.fc2.com/tb.php/173-5c08ce74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。