上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・蟷螂の斧

・助長

・病膏肓に入る
「どうしようもないアンポンタン」

・知音

・蛇足

・鼓腹撃壌

・嚢中之錐

・赤壁之戦
「「すーげー」と思いましたね」
「メチャンコきれい」
「劉禅はアンポンタン」

・中国の詩
「キンキンと音の出ない糞坊主かと」
「(王維を評して)スーパーマン」
「なんとかタレント(マルチ)」
「お金がバカンと集中して投下された」
「彼にダメージを与えるか」「彼が再起不能になるか」
「こいつ俺より相当できない」
「無駄な抵抗はやめよう」
「息子はいずれもアンポンタンでありまして」
「ノータリン」
「ジ・エンドって感じですね」

・枕中記
「清時代かなんかだとジ・エンド」
「スーパーおじいちゃん」
「フワァーン」「穴がフワァーッてふくらむ」


・鴻門之会
「彼自身バトルも大変うまい」
「超田舎者」「きれいな女を見れば襲いたくなる」
「スーパーマンの世界」
「(劉邦を評して)やっぱり山猿」
「人殺しをかくまうなんてお茶の子さいさい」
「特別なオーラが発せられて」
「これがキリンかよ、と」
「単なるうすもの」
「(武器を評して)使うときはバカーンと使います」
「戦争はオール・オア・ナッシング」
「これは本当にヤバい」
「スーパーマンというのはまさにこれです」
「この虎は空飛べる」
「煙がもわーんと」
「スーパー何とかっていうのは空を飛ぶんでしょうね」
「体はムキムキマンの豪傑」
「(豚の屠殺は)バカーンとやって終わり」
「みんな一瞬ポカーン、ホワーンとして」
「顔全体の目がワーッ」
「例によって下手な絵を描く」
「ブツブツブツブツブツ切り」
「スーパーマンって思ってますから」
「鼻をカットします」
「豆腐の角に頭をぶつけるしかないなあ」
「まさに頭の中がゼリー(=アンポンタン)状態」
「融解しちゃった」
「スカスカだ」
「アンポンタンの2乗」
「私の言葉で言うなら「アンポンタン」」

・四面楚歌
「アンポンタンだなあって思ったのは」
「低空飛行の人は頑張れ」
「そのとっつぁんがその人じゃないかな」
「売っちまえと思ってバァーッっと」
「多分碓氷峠当たりでくたばってしまうんじゃないかな」
「スーパーおじいちゃんじゃないかな」
「私なんかベテランですからそういうズルを」
「スーパーがっかりですか?」
「頭がクルクル回る」
「ドタドタとやるらしい」
「ヨイヨイとかホイホイとか海の状態に目が」
「ボンボンボンボン、刺すの!」
「故人って言葉、絶対覚えるぞ?」

・論語
「(まさに)スーパーマンですよ」
「孔子について熱く語ってしまったクラス」
「今思えば1回か2回」
「敵もさるもの、まさに油断も隙もない」
「最近は(孔子に)のめり込む」
「そうそう、オタク!」
「(孔子を評して)顔だけはちょっとマズい」「額がボコっと(突き出ている)」
「(孔子の)長男はアンポンタン」
「ギャフンとされる」
「大変なスーパーマン」
「「そうありたいよな」って思うけどどうでしょうか」
「普通のおじいちゃんと違うのは最後まで頭スッキリ」
「弓で射ってブスブスにして」
「(マサカリを評して)王から貰う」「誰でも殺してよい」
「人として高まっていく」「そういうスーパーマンになってった訳ですよ」
「今の言葉で言うとマスター」
「タナボタ的に孔子の後継者」「ラッキーボーイっちゃあラッキーボーイ」
「(小人とは)中身空っぽか薄っぺら」
「自分がアンポンタンなら仕方ない」
「こら、ボヤボヤするな」
「「この学校の生徒がアンポンタンですから」なんて言えない」
「今回は低空飛行の人が大変多い」
「このアホめ、人に迷惑かけやがって」
「(自分が)仏の領域に入っている」
「みんなにサービスしてしまって」
「性器をカットされてしまった(メチャクチャ)」
「北海道じゃないんですから「温めて」はマズいでしょ」
「「由」(=子路の字)が好きですね」
「私はこの子路が好きですね」
「息子ってアンポンタンなんですよ」
「いいなあ、この男なあ、好きですねえ」
「かっこいい」「いざとなったら剣を抜く」
「思い込んだらまっしぐら」
「私は孔子の弟子になれない」「無理だね」
「多分インチキ」

・孟子
「自分は以下にダメかということを」
「(亜聖殿を評して)差がありすぎだよね」
「男でも日傘してるの、おかしいよねぇ?」
「クソ~という感じでしたね」「情けなかった」
「もともと黒いんだろうなぁ」
「クソ暑い」
「夏だから梅はチャリチャリしてる」
「暇なときは世界の天気を見る」
「(トカゲが)よく見たらものすご~いいるの(二の腕を振り回しながら)」
「ベロ~ンてなる」
「インターネットはカチカチやる」
「散々毒づいてますけど」
「気管に入ってイライラしてました」
「キターって感じですよね」
「蜂の巣のムニュムニュした奴」
「俺に内緒で結婚したなコノヤローめ」
「もう二度と留まるのはふさわしくありません」

・盗知
「(暇とは)鼻毛を抜いている」「鼻くそをほじっている」
「飛んで火にいるアンポンタン」
「仏を通り越した(自分)」
「難しいと感じる人は自分の頭がダメ」
「涙が出るほど易しい」
「ああ、まんとう食いたい」
「まんとうはウマい」「間違いなくウマい」

・畏饅頭
「フワーン(ホワーン)として本当美味しい」
「いやしいですね」
「知らない人はいない」
「インチキヤロー」
「私はすっかりまんとうにいかれましたね」
「アンパン>>メロンパン>>クリームパン」
「ちょっとしたお茶の時最高だ」「本当美味しいんだこれが」
「やることが激しい」
「ずうずうしいの2乗」「面の皮が鉄板」

・入蜀記
「(自分を評して)化学-10点の男」
「(水銀を評して)キュルキュルとしている」
「楽しいんだよトゥーンってなって」
「液体だったらインチキ」
「(自分の)頭が少し良くなった」
「鉄はFeっていうの知ってるよ」
「金はAgだっけ?え?銀?」
「スポークが2.3本折れてパーンとなる」
「薄汚いジジイに飯を食わせ酒を飲ませる」
「踊ってくれるんですねピョンピョンピョンピョン」
「俺英語の教師じゃないからなー」
「くだらない質問バンバンしようか」
「目にみえないのが伝わってくる」
「餅は餅屋ということ」「利用しない手はない」
スポンサーサイト
2010.09.26 Sun l 咲きく先生 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://j9galaxywhirlwind.blog64.fc2.com/tb.php/189-3ec1ee79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。