上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「人体を単なる物体として捉えていたのはなにも駕籠真太郎だけじゃなかったんだ!」

先日某ビル・ライレージムにて色々とまぁ物色してきたのですが
めぼしいものが見つかりました
「イカれた」と「イカした」というのは私にとってはほぼ同義なのであって
似たような価値観を持っている人なら 気に入ってもらえるんじゃないかしら 

フランケン・ふらん 2 (2) (チャンピオンREDコミックス)
フランケン・ふらん


内容をかいつまんで言うと
ツギハギまみれのお医者さんが悩める患者たちを奇跡の手腕でもりもり救っていくハートフルストーリー
ただし手腕は六本ある
それとハートフルストーリーとはいいましたが
× heartful story
○ hurtful story
であって 間違っても小学校の図書室に置いてはダメ、ゼッタイ。

チャンピオンREDは少年誌では決してないし常人誌ともカテゴライズされねぇよ
と常々思っている重ちーですが 
出版社が秋田書店という時点であきらめはついてるのでまぁいいです でもだからといって
何も知らない哀れな子羊が表紙の名を借りた地雷を踏んだり 
内容を知っている者が買いづらかったりするので
このたちの悪いボッタクリみたいなカバーデザインは
「なんて非道いことを! いいぞ! もっとやれ!!」

それで内容の方なんですが 主人公は斑木ふらんとかいう女の子
ここでフランケンシュタインが思い出されるか綾目歩蘭人に思い当たるかは趣味の問題ですが
両方とも正解なのでよしとしましょう
頼りない寝ぼけまなこであっちをフラフラ こっちをフラフラ
「あんよはじょうず あんよはじょうず」と応援したくなる姿ですよね
たとえ電極がこめかみの辺りから突き出ようとも縫合線が顔中を駆け巡ろうとも可愛いのものは可愛いんだそれが真理なんだとひとりごちてみる

医学漫画ですから当然作中で医術行為が行われるわけですが 大抵は生理的嫌悪感を催すような最期を迎えます 笑うセールスマンと同じくらいの頻度で 
どうしてかしらと思うまでもなく ふらんのアプローチの仕方が常軌を逸しているので 
我々は「理屈には適っているけどそれってなんだかおかしいよね」とリアルタイムでツッコミを入れながら読み進めることができます 
結構さらりと話は進行していくのでうかうかしていると こまごまとした猟奇シーンなんかは読み飛ばしてしまうので注意です 貴方の指は、まるで身の回りにある要らない物を再利用する為に夏休みの自由工作をするよう……。
医療とは人命を救うことであり本来ならそこに良心が伴っているものですが 伴っていないと見当外れの方向に邁進してしまうものですね 時には人命を失いながらも 

2巻ではヴェロニカ(ふらんの妹。つまりキラーマシーン2号)が登場します

「読者の皆様 例の物 仕上がっております」
「ほう 見せてくれ」
「今 おとどけしようと思っておりましたが…」  ゴトッ   ガパン
  !   はは… これは…
「対読者テコ入れ用妹キャラクター「ヴェロニカ」
 よくあるロリロリした妹ではなく 人外タイプの妹です
 当然ながら全身を改造済み もはやチャンピオンRED以外では扱えない代物です」
「外見は?」
            「斑木製 黒髪ショートカットの小柄な少女」
「年齢は?」
            「十代前半」
「性格は? ツンデレか? ヤンデレか?」
            「傍目は無表情任務遂行型 姉の前でのみキャッキャウフフでございます」
「パーフェクトだ ウォルター」   
            「感謝の極み」

以上の文章を要約すると 
  「ギャアァ!俺に大ダメージ!このキャラ造形は俺に狙いをすませたかのようだ!」
名前の候補として「カリガリ」が挙がったそうですが 
それはHENTAI国家ドイツが世界に誇るHENTAIの名前であることは既に一般常識なので 
(日本だったら垣原雅雄組長くらい)
女の子にそういう名前をつけようとする木々津克久先生は「ぼくのそんけいするひとTOP10」にランクインしました

3巻のススメ
4巻のススメ
スポンサーサイト
2008.08.15 Fri l 良作(漫画) l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

気になる作品を発見してしまったことで私の財力が減少してしまうのだなあ
2008.08.17 Sun l ぐんそう. URL l 編集
No title
大学生になって思ったことは
生活費を削れば無理は出来るってことですね
ただし食卓は見るも無残な有様に……!
2008.08.17 Sun l 重ちーact2. URL l 編集
食卓が無残ならともかく、生活が無残になってしまったりするのですね

ところで一巻を買いましたが
ふらんかわいいよふらん
2008.08.22 Fri l ぐんそう. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://j9galaxywhirlwind.blog64.fc2.com/tb.php/20-73858be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。