上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
選択科目の生物系統の講義を受けているのですが、
教授の人柄がちょっぴりパンク。
そしてかなりのカズマさん。
一体どの程度傍らに人無きが如しかというと、
初回授業で開口一番、
「私はあと二年で退職するので今回の授業では三割は不可な。
 (本来大学の規則で不可を出せるのは全体の一割まで)
 失うものは特にないので、ちょっと大学に楯突いてみようかなと思います。」
……ワオ!

イキでいなせな教授は更に止まることなくアクセラレーション。
外力はあっても抵抗力は微塵も存在しません。それが彼の美学。
授業アンケートに対するコメントにて。
「利他的な人間が増えると世界が平和になるなんてのは、実に馬鹿な考えです。
 ハッキリ言って気持ち悪いですね。そんな世界。」
「俺は欲望の為に人間同士で殺し合いが起きてもいいんだけど、
 やっぱり人間って社会的なイキモンだからねー。
 そこは上手くやんないと。」

そこまで吠えるというのか、齢六十のトリーズナー。
俺、アンタに出会えてホントに良かったよ!

肝心要の授業ではシラバスをまるで存在しなかったかの様にシカトして、
「生物は自分のことしか考えない 他人は蹴散らすもの」
「遺伝子を残すという意味では自然界に善意などあるものか」

と、超絶無神論者リチャード・ドーキンスの
「生物は遺伝子の乗り物であって、それ以上でもそれ以下でもない」
という考えを熱く熱く心を籠めて語るのです。
その結果授業が二回連続で潰れました。記録は更新されると思います。
……大学は色々な人がいるので好きです。
スポンサーサイト
2008.10.24 Fri l 備忘録 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://j9galaxywhirlwind.blog64.fc2.com/tb.php/45-1d5125af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。